読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧困アラサーデブスの引っ越したいブログ

引っ越すために日々奮闘中の貧困でデブでブスなアラサーの記録です

貧困なのにどうでもいい知り合いの結婚式に行くべきなのか

読者になって頂けたらうれしいです⇒⇒

こんばんは。

ここ数日仕事→バイトの毎日で死にそうな貧困アラサーデブスです。

 

書きたいことはいっぱいあるのですが、時間がない!

『貧乏暇なし』とはわたしのこと。

しかしこのまま何日もあくのはよくないので書きます。

 

前置きが長くなりましたが、皆さんはどうでもいい知り合いの結婚式に呼ばれたらどうしますか?

 

9月末に大学時代の後輩の結婚式があります。

後輩とは最後に会ったのは数年前です。突然LINEがきて結婚式に呼ばれました。

そのときはノリでいくいく!と適当に返事をしてしまったのですが、近づいてくるにつれ憂鬱になってきました。今日2次会のお知らせがきてまたさらに憂鬱になりました。

 

なぜ憂鬱になってしまうんだろう。

 

まずはお金ですよね。

ご祝儀、ヘアセット代、2次会代、交通費などなど・・・

近場であったとしても5万円くらいは見ておかないといけないですよね。

5万円ということは月収15万円として3分の1です!!!

貯金ゼロで借金もある貧困なわたしにとっては死に物狂いで行かなくてはなりません。

みみっちいことを言うようですが、死活問題です。

 

しかし大事な友達だったらどんなにお金出しても行きたいと思うんです。

大事な友達だったら・・・。

 

後輩との関係をご説明します。

大学時代の部活で一緒だった1個下の後輩の女の子です。

 

大学4年生の頃、わたしは部活で副部長をしていました。

わたしが4年生になるまでは家に泊まりにきたり、2人で遊んだこともありました。

4年生は部活を仕切る立場。

3年生として気に入らないことがいっぱいあったのでしょう。

簡単にいうとかなり嫌われていました。

かなりの陰口を言われたり、メアド変えたときにわざと送ってこなかったり、

正直ほとんど話すことはありませんでした。

当時のわたしは平気な顔してかなり傷ついていました。

 

その後わたしも後輩も大学を卒業。

2人で会うことはありませんでしたが、大学の集まりなどで会うときがあれば

あの頃のことは何もなかったように話しかけてきました。

 

そして今回結婚式に誘われたのです。なぜわたしを!?と思いました。

わたしは後輩のことを嫌いなわけではありません。

でもそんな相手に月収の3分の1を払うのかと思ったら憂鬱です。

まあもうここまできたら行くしかないんですけどね。

 

なんかこの記事、わたしの卑屈な部分がかなり出ているような気がします。

結局何がいいたいのかと言うと・・・わかりません!

 

結婚式に誘われたときのためにどこまでの友達なら結婚式にいくのか、

事前に線引きをしておいたほうがいいのかもしれません。

 

以上、どうでもいい知り合いの結婚式に行くか悩んでいるあなたに

わたしからのアドバイスでした★